渋谷から横浜中華街まで東急東横沿線のグルメ・デート・一押しスポットを紹介。


2020.12.15
お出かけスポット
シェフ
スイーツ
事情

スイーツ激戦区!自由が丘のシェフこだわりのスイーツ事情最新版!


皆さんこんにちは!

美味しいスイーツやさんが集まっていることで有名な自由が丘!

そんな激戦区である自由が丘なので、お店の当然入れ替わりも多いですね。

では、その中でも人気があるお店は一体どこなのでしょう?

今回は、自由が丘のスイーツ事情のなか人気があるシェフのこだわりが詰まった「最新版」のお店をご紹介していきたいと思います。


モンサンクレール




引用元:EPARK

目黒区自由が丘にあるモンサンクレールさんは、東急東横線・東急大井町線自由が丘駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

有名なスイーツ界の巨匠辻口シェフがプロデュースした自由が丘にあるパティスリー。



引用元:ヒトサラ

厨房が見えるオープンキッチンでお菓子を今作っているという臨場感と出来たての新鮮なものを提供することをモットーに、選び抜かれた旬のフルーツや世界の食材を使い、独自の製法で作り上げた味覚・香り・食感が絶妙な魅惑のスイーツにこだわっています。


引用元:ヒトサラ

オーナーシェフの辻口博啓氏は、クープ・ド・モンドなどの洋菓子の世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持つパティシエ、ショコラティエです。


現在は、モンサンクレールさん(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる13ブランドを展開しています。今もなおコンクールに挑戦しており、サロン・デュ・ショコラ・パリで発表されるショコラ品評会では、2013年~2018年の6年連続で最高評価を獲得しました。低糖質スイーツの第一人者として、数々のロカボスイーツの開発・監修に取り組むなど、その活動は多岐に渡っています。




イチオシのホールケーキであるジャーダン・デ・サンスは、様々な木の実、ナッツ類を入れたハチミツのムースとショコラのムースで、1997年度クープ・デュ・モンドで優勝した作品です。

『五感』を表現したケーキを楽しめます。

また、旬の素材や季節に合わせた味わい、見た目も美しい月替わりの季節限定ケーキもおすすめです。

中でも、おすすめはこちらの3品。



引用元:ヒトサラ

ショコラブランの甘さとベリーの酸味が絶妙な『セラヴィ』。


ピスタチオのスポンジ、ショコラとラズベリーの果汁を加えたチョコムース、フランボワーズの果肉、フィヤンティーヌなどを真っ白なショコラブランのムースで包んだ辻口シェフの代表作。(グランガトーもあり)(580円)。






引用元:ヒトサラ

口どけのいいコーヒークリームが魅力の『モンサンクレール』。


コーヒー味のビスキュイジョコンドをクレーム・オ・ブールで包み、さらに上からキャラメリゼしたヘーゼルナッツとアーモンドのプラリネで包んで。クリームの口どけのよさにこだわった一品(500円)。






引用元:ヒトサラ

キャラメルサレのガナッシュがアクセントの『オネット』。


濃厚なショコラムースと、塩分のきいたコクのあるキャラメルサレのガナッシュを組み合わせ、サクサクのショコラのフレイクを加えた逸品(515円)。




甘さひかえめ、酸っぱさや苦さのバランスも絶妙です。

口にすると幸せな気分になる。女性はもちろんのこと、男性も多く訪れる人気店です



モンサンクレール

住所:東京都目黒区自由が丘2-22-4

TEL:03-3718-5200

定休日:水曜日 木曜日


「ル・スフレ」






引用元:あかめ女子のWEBメモ

神様の作るスフレと呼ばれる、評判のトロトロの食感が楽しめるスフレ専門店。


自由が丘スイーツフォレストの「神様の作るスフレ」と呼ばれる程の評判のスフレ専門店です。






引用元:食べログ


「ル・スフレ」は、永井春男さんという方が営んでいる素敵なお店です。




永井さんはフランスの各地で修行を積んだ、素晴らしい腕をもつ方です。そして修行を重ねて日本に帰国し、その後スフレ専門店をオープンさせました。




現在はそのスフレ専門店は閉店し、現在の自由が丘「ル・スフレ」のみとなっています。そしてその美味しいスフレは「神様の作るスフレ」とも評されるほどの人気なのです。



引用元:ぐるなび




もしも、まだ5分しか寿命が無いふわふわスフレを体感した事が無い方は、ぜひ自由が丘「ル・スフレ」に足を運んでみてください。おそらく、今まで食べてきたスフレとの違いを痛感するに違いありません


通常、市販されているスフレはショーケースに並んでいたり、作り置きされている事が一般的ですが、自由が丘の「ル・スフレ」のスフレはすでそこから違うのです。



引用元:icotto




自由が丘の「ル・スフレ」では、オーダーを受けた後で作り始める為、オーダー後15分ほど時間がかかります。その代わり、今まで食べた事が無いような出来立てふわふわの美味しいスフレを味わう事ができるので待つのも全く苦痛ではありませんね。



引用元:あかめ女子のWEBメモ

出てきてからは、30秒程でしぼんでしまうくらい繊細なスフレです。

トロトロの食感が口いっぱいに広がります。味はいろいろあって、クリームチーズ・キャラメル・マロン・フランボワーズ・グランマルニエ酒等々、それぞれ味に特徴があり楽しめます。



引用元:あかめ女子のWEBメモ




できる限り出来立てから時間をかけずに食べた方が、ふわふわの感触と美味しい味を保ったまま食べられます。

せっかく頼んだスイーツを5分で食べきってしまうのは勿体無い、と感じるかもしれませんが、最高に美味しい状態のスフレを5分で食べきる贅沢な食べ方で味わってみてください!



ル・スフレ






住所:東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘 自由が丘スイーツフォレスト 2F



TEL:03-5731-6600

営業時間:10:00 – 20:00


Patisserie 粉と卵




引用元:Retty

「Patisserie 粉と卵」は、東京都世田谷区奥沢で開店し、手づくりのスウィーツを皆様にご提供している老舗のスウィーツショップです。定番のショートケーキやシュークリームから、フィナンシェなどの焼き菓子やプリン等、種類も豊富。

スポンジケーキやパイ生地はもちろん、生クリームやカスタードクリームに至るまで、パティシエの手づくりで製造をしています。



引用元:sweets heaven

「粉と卵」ではもちろんスイーツの「美味しさ」を日々追求しています。

そのためにはスイーツ作りに欠かせない、「素材」をしっかり振り返ることが、「粉と卵」の原点です。



引用元:love tabearuki

それは使用する素材の、「産地を知ること」「生産者を知ること」「使用原料を知ること」・・・等いろんな分野・ジャンルに及び、それを一つ一つしっかりと、「目で」「手で」「舌で」確認を行っています。その結果辿り着いたのは、「無添加・無着色・保存料を使わない」「出所や製法もしっかり把握した信頼できる原料」でした。

「粉と卵」のスイーツは保存はそんなに長くは効きません。できるだけお早めにお召し上がり頂く必要があります。



引用元:旅時間

そんな「粉と卵」のイチオシのメニューは『スイートポテト』です!一番の人気商品!

サツマイモをじっくりと焼いて、サツマイモの持つ甘さを十分に引き出してから生クリームとバターを混ぜています。表面はキャラメリゼでコーティングし、ご注文を頂いてから一個一個表面をバーナーで焙って『香ばしさ』と『カリッとした食感』を出しています。



引用元:icotto

フワッとした中のサツマイモと、表面のカリッとした食感の違い。ほどよいサツマイモの甘みと香ばしいキャラメリゼの香りが楽しめる、イチオシの「スイートポテト」です。



引用元:cake TOKYO

いざ、注文してから待つこと数分。奥の厨房では、岡本氏自らバーナーで表面をあぶる姿が伺えます。

マイナス25度の表面を熱することで、まぶしたグラニュー糖がほどよく焦げ、カリカリとした歯ごたえのある質感に。この作業をキャラメリゼと呼ぶそうです。

お店独自の秘密のアレンジも加えた製法で仕上げているお菓子も盛りだくさん。どうぞ一度皆様でお確かめ下さい。



粉と卵

住所:東京都世田谷区奥沢5-2-5

TEL:03-3718-090

営業時間:19:00~19:00 月曜日定休(月曜日が祝日の場合は翌日)



いかがでしたでしょうか?_

どれもシェフの情熱とこだわるがうかがえる、絶品スイーツとなっています。

是非、食べに行ってみてくださいね!


©Copyright2020 ぶらりっこ ココロときめく東横お出かけ情報。.All Rights Reserved.
利用規約