渋谷から横浜中華街まで東急東横沿線のグルメ・デート・一押しスポットを紹介。


2017.04.12
お出かけスポット
antiques
atTic
あなた

中目黒通が通うインテリアショップ「atTic antiques」あなたの生活を豊かにするかも?


地元の方の知る人ぞ知る、アンティークショップが中目黒にあるんです!
1950年~1970年代というアメリカ、イギリスの古き良き時代を中心としたお店です。

今回はそんなアンティークショップ「atTic antiques」をご紹介します♪

どんなお店なの?





1950年~1970年代というアメリカというとロックなイメージがあると
思いますが、その他にも色んなレトロや照明や雑貨がいっぱいあるんです♪




花咲く屋根裏部屋と呼ばれるお店





女性に嬉しい可愛いアンティークがいっぱい!



atticのショップコンセプトは、
ロンドンやパリの街角にあるような普段使いのアンティーク店だ。
店主の木本氏は学生時代にインテリアの勉強のためロンドン留学。
アンティークが身近なものとして浸透している生活を体験したという。
気軽に使えるアンティークが街のあちこちで売られており、
人々はそれを生活に取り入れて楽しんでいた。必需品じゃないけど、
ないと寂しい。生活に華やぎを添えるアンティークの魅力を知った木本氏は留学後、
都内のアンティーク店に勤め始めた。退職後、
「ロンドンの住宅街にあるようなアンティークのお店を出したら楽しいだろうな」と、
友人とともに成城学園前に17年前にatticを開業。
敷居が高いと思われがちなアンティークをあえてカジュアルに販売しはじめた。
買い付け先は主にイギリスだ。

情報源: 東京アンティーク散歩vol.1 成城学園前にある"夢の屋根裏部屋"『attic』 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス




可愛い花柄のアンティークカップがいっぱい!





ここatticで特に目立つ商品は、カップアンドソーサーのコレクションだ。
さまざまなメーカーのカップには、独特の花柄が絵付けされており、
香り立つように美しい。中でもお店のイチオシは、エインズレイのシリーズである。
エンズレイは18世紀に創業した名窯。ビクトリア女王はじめ、
多くの王侯貴族に愛される英国を代表するブランドとして知られている。
店頭には柔らかい黄色と薄緑をベースにしたエインズレイの上品な花柄の食器が並ぶ。
カップアンドソーサーだけでなく、大皿やクリーマーも揃っているが、
セットでなくともバラで購入できる。

情報源: 東京アンティーク散歩vol.1 成城学園前にある"夢の屋根裏部屋"『attic』 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス



詳しい場所を教えて!





場所:東京都目黒区上目黒1-2-9
TEL/FAX:03-3792-6535
営業時間 : 12:00~20:00
定休日 : 年中無休 ※商品買い付け時を除く
公式サイト:http://www.attic-antq.com/

まとめ



ちょっと古めかしい昔ながらのカップで紅茶を飲み
優雅な午後のひと時・・・、ちょっと憧れるものがありますよね♪
そんな憧れを実現させるお店が「atTic antiques」ですので
一度足を運んでみる事をオススメします!


©Copyright2020 ぶらりっこ ココロときめく東横お出かけ情報。.All Rights Reserved.
利用規約